インターホンを取り付けで防犯性をアップする|犯罪STOP効果

防犯性を高める

ワーカー

住宅のインターホンリニューアルの現在の流れは工事の際にドアホンのカメラ位置を考えてその設置をするようになっています。
また選ぶ際にもインターホンのカメラがどの部分に付いているのかが重要なポイントともなっています。
「子機」をリニューアルするのは玄関先ですから常に外から他人に見られる場所です。
だから見た目が悪いと気に入りませんね。
果たしてカメラ位置はどのあたりにあればよいか、例えば携帯電話のカメラ機能を使うなどして購入前に確かめるのも良いでしょう。
そのあとで子機のどの部分にカメラがあれば玄関にマッチするのかを考えて購入するのです。
そうすれば玄関先のデザインの調和も壊さずに導入できますし、従来のインターホン以上の防犯性能も手に入れられるということになります。

ドアホンとは住宅用のインターホンのことを言い、住宅の外と中の間で通話できるようにした専用の通話器具のことを言います。
従来は通話機能だけの物が多かったのですが、最近はテレビ付きドアホンへのリニューアルも増えてきています。
来客の様子やその顔を直接目で見て確かめられるようになって、防犯性能も高まりました。
このようなリニューアルの流れから、玄関に取り付ける「子機」の設置位置にも今までとは違った工夫をするべきです。
従来は音声だけでしたので来客の通話のしやすい位置の設置するとされましたが、今はカメラの位置を考えて来客の姿全体が写るように工夫するべきです。
このように設置すれば持ち物も確認できて危険な物がある場合もわかるのでより安全性が高まります。

Copyright© 2016 インターホンを取り付けで防犯性をアップする|犯罪STOP効果 All Rights Reserved.