シルバーのインターホン カメラ付きのインターホン

カレンダー

2014年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

単独のドアホン

インターフォン配線工事

玄関先の来客などを知らせる物として昔から使われてきたのがチャイムですが、これは来客がボタンを押すと室内に音が鳴り、来訪を知らせるという物でした。
しかしこれではだれが来たのかが中の人にはわからず、不審者と直接対面してしまう危険も大きかったのです。
そこで通話機能が付いたドアホンが普及しました。
このように防犯性能が高まったのですが、その性能は年々進化しています。
また携帯電話の世界でもスマートフォンが広く普及したのに伴って、これらと連動して映像を手元に送るような物も出てきています。
その他にもセキュリティー機能と連動させて使うものが数多く出ており、現在ではドアホン単独ではなくセキュリティーシステムの一部になっています。

ドアホンにはこんな種類がある

インターフォン交換工事玄関

ドアホンとは住宅用のインターホンのことを言います。
インターホンとは構内専用電話のことで、法的には有線電気通信法などの適用を受けない物を言います。
ドアホンには電源の違いから電池式のものと家庭用電源コンセントから取る物、家庭用の電気配線から直接取る物があります。
電池式の場合は電池の電気がなくなると使えませんので、残量を示すインジケーターが付いている物が多いです。
また家庭用電源コンセントから電気を取って使う物は自分で取り付けることができますが、家庭用配線から直接電気を取って使う物は自分では取り付けることができません。
電気工事士に頼んで設置してもらうことになります。
この違いは感電の危険性の有無が理由です。

カメラ位置を考えて購入

テレビドアホン交換工事玄関

したがって現在の流れは工事の際にドアホンのカメラ位置を考えてその設置をするようになっています。
また選ぶ際にもカメラがどの部分に付いているのかが重要なポイントともなっています。
「子機」を設置するのは玄関先ですから常に外から他人に見られる場所です。
だから見た目が悪いと気に入りませんね。
果たしてカメラ位置はどのあたりにあればよいか、例えば携帯電話のカメラ機能を使うなどして購入前に確かめるのも良いでしょう。
そのあとで子機のどの部分にカメラがあれば玄関にマッチするのかを考えて購入するのです。
そうすれば玄関先のデザインの調和も壊さずに導入できますし、思っていた防犯性能も手に入れられるということになります。

カメラを使った防犯性能

親機 作業後

ドアホンとは住宅用のインターホンのことを言い、住宅の外と中の間で通話できるようにした専用の通話器具のことを言います。
従来は通話機能だけの物が多かったのですが、最近はテレビ付きドアホンも増えてきています。
来客の様子やその顔を直接目で見て確かめられるようになって、防犯性能も高まりました。
このような流れから、玄関に取り付ける「子機」の設置位置にも今までとは違った工夫をするべきです。
従来は音声だけでしたので来客の通話のしやすい位置の設置するとされましたが、今はカメラの位置を考えて来客の姿全体が写るように工夫するべきです。
このように設置すれば持ち物も確認できて危険な物がある場合もわかるのでより安全性が高まります。

オススメリンク

インターホンの修理をしてもらう際には專門の技術を身につけた專門業者を利用しましょう。防犯対策にもなるインターホンは家には必須ですよ!
インターホンを最新の物へとリニューアル!「信和興業」

カテゴリー

アーカイブ