インターホンを取り付けで防犯性をアップする|犯罪STOP効果

来客の知らせ

住まい

玄関先の来客などを知らせる物として昔から使われてきたのがチャイムですが、これは来客がボタンを押すと室内に音が鳴り、来訪を知らせるという物でした。しかしこれではだれが来たのかが中の人にはわからず、不審者と直接対面してしまう危険も大きかったのです。
そこで通話機能が付いたドアホンが普及しました。このように防犯性能が高まったのですが、その性能は年々進化しています。また携帯電話の世界でもスマートフォンが広く普及したのに伴って、これらと連動して映像を手元に送るような物も出てきています。
その他にもセキュリティー機能と連動させて使うものが数多く出ており、現在ではドアホン単独ではなくセキュリティーシステムの一部になっています。

ドアホンとは住宅用のインターホンのことを言います。インターホンとは構内専用電話のことで、法的には有線電気通信法などの適用を受けない物を言います。ドアホンには電源の違いから電池式のものと家庭用電源コンセントから取る物、家庭用の電気配線から直接取る物があります。
電池式の場合は電池の電気がなくなると使えませんので、残量を示すインジケーターが付いている物が多いです。また家庭用電源コンセントから電気を取って使う物は自分で取り付けることができますが、家庭用配線から直接電気を取って使う物は自分では取り付けることができません。電気工事士に頼んで設置してもらうことになります。インターホンにあった方法で取り付けることが大切です。
この違いは感電の危険性の有無が理由です。

防犯性を高める

ワーカー

多くの人が利用しているインターホンは、とても便利なものです。インターホンを最新の製品に取り付ける場合は、防犯性を高める為にカメラ付きのものを選ぶといいでしょう。相手の顔を確認できます。

この記事を読む

インターホン交換しよう

ビル

インターホンを交換する際は、どのような機能を持っているインターホンか確かめることが大切です。インターホンの機能によっては、夜間でも訪問者の顔を確かめることが可能のインターホンもあります。

この記事を読む

機能的な活用術

作業員

インターホンの取り付け方は三種類あるといわれています。インターホンの取り付け方として一般的なのが、電源直結式という方法です。電話回線を活用する方法で資格が必要にになります。

この記事を読む

Copyright© 2016 インターホンを取り付けで防犯性をアップする|犯罪STOP効果 All Rights Reserved.